トップページ >  男性用発毛促進剤の成分鑑定 >  DHC薬用毛活根<発毛促進剤>

DHC薬用毛活根<発毛促進剤>

DHC薬用毛活根<発毛促進剤>の全成分

有効成分:D-パントテニルアルコール、ヒノキチオール、グリチルリチン酸ジカリウム、l-メントール、酢酸dl-α-トコフェロール、センブリエキス、イソプロピルメチルフェノール、トウガラシチンキ


DHC薬用毛活根<発毛促進剤>の成分を大解剖!

DHC薬用毛活根<発毛促進剤>の成分を
「育毛効果のある成分」
「特に効果の高い成分」
に分類して、さらに特筆すべき成分をその働きごとに分けました。 DHC薬用毛活根<発毛促進剤>の成分が何に使われているかがわかります。

育毛効果のある成分
成分の種類 働き 商品中の配合成分 働きの効果
男性ホルモン抑制剤 脱毛の原因をブロック
抹消血管拡張剤 頭皮の血行促進 酢酸dl-α-トコフェロール、センブリエキス、l-メントール
栄養補給剤 頭皮細胞の活性化、ビタミン不足の補給
抗脂漏剤 皮脂分泌を抑制する
保湿剤 頭皮の水分保持
消炎剤 肌の炎症を抑える、かゆみ予防 アラントイン、トウガラシチンキ
頭皮代謝活性化剤 皮膚呼吸の酵素を活性化 D-パントテニルアルコール、ヒノキチオール
抗菌・殺菌剤 皮脂を栄養とする微生物の活動を抑制する イソプロピルメチルフェノール
角質溶解剤 角質を膨潤させてフケを予防する
抗酸化剤 毛穴の酸化、活性酸素を抑制

特に効果の高い成分
成分の種類 働き 商品中の配合成分 働きの効果
- - なし -

DHC薬用毛活根<発毛促進剤>の成分のポイント

総合点は低い

DHC薬用毛活根<発毛促進剤>は、全体的には、効能から見て、成分バランスは悪いです。

頭皮の血行促進成分がやや多い

DHC薬用毛活根<発毛促進剤>の育毛成分の構成を見ると、酢酸dl-α-トコフェロール、センブリエキス、l-メントールなどの血行促進成分がやや多いことが特徴です。

特徴成分はなし

DHC薬用毛活根<発毛促進剤>には特筆する成分も配合されていません。


DHC薬用毛活根<発毛促進剤>は、「見送り」

育毛効果のある成分・・・(10点満点)
特に効果の高い成分・・・(3点満点)

総合評価・・・   (13点満点)




DHC薬用毛活根<発毛促進剤>の商品詳細

DHC薬用毛活根<発毛促進剤>は、「成長期」の延長""毛根の活性化""頭皮環境の改善"により発毛・育毛へアプローチするDHCトリプル発毛理論を実現した、発毛促進剤であります。抜け毛・薄毛といった悩みに対してつくられた発毛促進剤です。
育毛成分の構成を見ると、酢酸dl-α-トコフェロール、センブリエキス、l-メントールなどの血行促進成分がやや多いことが特徴です。全体的には、効能から見て、成分バランスは悪いです。また、DHC薬用毛活根<発毛促進剤>には、特筆する成分も配合されていません。
総合すると、DHC薬用毛活根<発毛促進剤>は成分構成は悪く、値段も普通なので「見送り」の発毛促進剤といえます。内容的にはおすすめしない発毛促進剤です。ほかの発毛促進剤を選んだほうがよいでしょう。
価格 4,320円
内容量 150ml
特典 なし